レコードの針を落とした瞬間

お気に入りの楽曲紹介や楽器、機材に関連する情報を発信する、音楽雑記ブログ。

戦前に作られた歌謡曲「蘇州夜曲」

ここのところ、なぜか自分の中で戦争ドラマや映画にハマっています。

 

どうもリョウスケです。

 

今回、ご紹介する楽曲は古く懐かしい戦前の曲「蘇州夜曲」です。

 

なぜ、いきなりこんなに古い楽曲を持ち出したかというと...

 

最近プライムであるドラマを見ました。

 

「妻と飛んだ特攻兵」という戦争が舞台の物語です。

簡単にあらすじを紹介します。

物語の舞台は、満州 大虎山の飛行隊本部。終戦後、ソ連満州を侵略してくるのを食い止めるべく、満州にいた日本人を一人でも多く助けるべく、特攻した兵士の物語です。(キャスト:成宮寛貴堀北真希ほか)

終戦後、北方領土最北端の占守島にてソ連兵が侵攻した来るのを防いだ戦いは有名ですが、満州でも同じようなことがあったみたいですね。しかも特攻で。

 

話は戻りますが、この劇中に主人公(成宮寛貴)がハーモニカで吹いた楽曲が「蘇州夜曲」です。

 

とても耳に残る旋律で古臭さのない儚いメロディーが魅力的です。

もともとは1940年公開の「志那の夜」という日本映画の劇中歌だったみたいですね。歌は李香蘭という方。

www.youtube.com

 

今までにもたくさんのアーティストにカバーされてきた名曲です。

例えば、一青窈&松浦亜弥

www.youtube.com

 

夏川りみ

www.youtube.com

 

また、昔の楽曲は歌詞が文学的なものが多い印象ですが、この曲もそうで、言い回しが短歌、俳句などに近い感じがします。

君がみ胸に 抱かれて聞くは

夢の船唄 鳥の歌

水の蘇州の 花散る春を

惜しむか 柳がすすり泣く

 

作詞:西条 八十 / 作曲:服部 良一

 なんと美しい言葉たちでしょうか。日本語の魅力を伝える楽曲のひとつですね。

The Strokesニューアルバム「The New Abnormal」レビュー

The Strokesのニューアルバムが発表されたということで、レビューします。

どうもリョウスケです。

 

まず、発売日から1か月半ほどたってのレビュー、何があったのかということからお話しします。

 

もともと、発売前からアマゾンさんでanalog盤を予約していたのですが、販売開始当日になって「在庫切れ一時入荷待ち」とでました。

嫌な予感がまんまと的中。この1か月半何の音沙汰もなく。さすがにもう届いてもいいだろ!とちょっと切れ気味になりつつあった今日この頃。やっとメールが来て、届きました。

 

You Tubeや別サイトで視聴することもできましたが、やっぱり一番最初はanalogの音で聴きたいじゃないですか。ということで届くまで聴かずに我慢していました。

 

あ、ちなみにThe Strokes知らないという方は前回、紹介した記事を書きましたので、ぜひご覧ください。

psy-k.hatenablog.com

 

今回、収録曲数は9曲。このうち先行で発表されている曲は#3「Brooklyn Bridge to Chorus」#4「Bad Decisions」#6「At The Door」の3曲。

 

この3曲から今回は、最初の頃のようなギターロック80年代のディスコチックなサウンドの両立を目指したアルバムになるのかなと予想しましたが、まさにその通りでした。

 

とてもアルバム全体のまとまりがあり、#6が浮くかと思っていましたがそんなこともなく。いい意味で1曲目再生してから終わりのトラックまで一瞬でした。それほど統一感があったということになりますかね。

 

それに関連して、アルバムの比重が均一なんですよね。

 

大体の世に出るアルバムの多くは先行シングルの入れどころによって、後半ダレてきたり、前半を飛ばしたり、力の入れ具合による比重が偏る傾向があります。

 

しかしこのアルバムはどこ切ってもニューストロークス...いわゆる金太郎あめ状態です。各トラックの完成度が高いので途中で聴くのをやめたりしません。

 

あと、このアルバムは哀愁のある楽曲が多く感じました。しつこいぐらいメランコリックで聴かせてきます笑。特にギターのニックヴァレンシが鳴らすギターは以前にも増してレトロ感と哀愁感が強くなっています。

これはこれで、耳が慣れたら途端にハマりだすので怖いところです。

まあ、要はスルメアルバムなんですよこれは。

 

お気に入りは、#4~#5の流れです。side Aのラストに聴かせるこの流れはアルバムを飽きさせません。ちなみに#6から雰囲気が少し変わるので、レコードのside A、Bを考えた構成になっているのかなとも思います。

 

ザ・ニュー・アブノーマル (通常盤)

ザ・ニュー・アブノーマル (通常盤)

 

American Football来日公演延期決定...

ポストロックの人気バンド、American Footballの来日公演が延期になってしまいました。

 

どうもリョウスケです。

 

先週、金曜日、e+よりメールが届きました。内容は新木場コーストで行われるAmerican Footballの来日公演が延期になったという報告...。

 

昨今の状況から1か月後の公演は無理だろうなと思いつつ、いざこのようなメールが届くと残念な気持ちになります。

 

バンド側のコメントでも、みなさんの安全を考慮して、延期します。新しい日程は後ほど...といった内容です。人命は何よりも替えられないものですからね。

 

これは人生のすべてにおいて言えることですが

生きていれば、何度でもチャンスが舞い込んで来る。一時の感情に流されずにチャンスをうかがいたいものですね。

 

さて、このAmerican Footballについて知らない人のために簡単に紹介します。

 

その名の通り、アメリカのバンドです。ここ十数年くらい前に流行った「エモ」と呼ばれるジャンルと言えばこのバンドといっても過言ではありません。

※エモとはエモーショナルの略で明確にジャンル分けすることが難しい言葉です。基本的にはメロディーに情緒性があり、アンダーグラウンドサブカルな要素が特徴です。

 

聴いていて癒しを感じるロックなイメージです。ヒーリングミュージックやアンビエントの要素をブレンドしたロックバンドですね。

www.youtube.com

 

これは音楽的な話ではありませんがこのバンドはアルバムジャケットやMVで使用される文字のキャラクターやサイズ、配置のセンスが抜群で、面白いです。(下のジャケットではamericで切ってサイズ変えて下段へ並べてます)

ちなみにギター、ベース、ドラムという基本的な楽器以外にも、トランペットや鉄琴を用いた楽曲も多々あるので、音自体を楽しむという方に向いているスタイルだと思います。

www.youtube.com

 

ちなみにこのバンド、今までフルアルバムを3枚出していますが、3枚とも同じタイトル「American football」なので、CDやレコード買いたいなって人は気を付けてください。こればっかしはジャケット画像を覚えるしかないかな笑。

 

↓1st アルバム↓

American Football (Deluxe Edition)

American Football (Deluxe Edition)

  • 発売日: 2014/05/19
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

↓2nd アルバム↓

American Football

American Football

 

 ↓3rd アルバム↓

American Football (LP3)

American Football (LP3)

 

 

 

あんなアーティストがこんな曲を!?カバー曲特集Vol.2

最近、地震が多く、いざという時の保存食を作ろうか悩んでいるところです。

 

どうもリョウスケです。

 

今回は以前書いた記事のパート2ということで、アーティストのカバー曲を紹介していこうと思います。

 

↓前回の記事↓

psy-k.hatenablog.com

 

 

Rollin' and Tumblin'

1. Muddy Waters (1950)

ブルースのスタンダードナンバー。Hambone Willie Newbernという方が最初にレコーディングしたらしいが、作曲者は不明のためオリジナルはなしということで。

この曲はMuddy Watersがもっとも有名で、初期の頃なのでデルタブルース感が漂います。もともとこの曲はテンポが速いみたいですね。

www.youtube.com

 

 

2. cream (1966)

我らがcreamの1stアルバム収録のカバー。原曲?というか世のブルースマンたちが演奏するよりもテンポが速く、ロックなアレンジになっています。ベースヴォーカルのジンジャーベイカーはこの曲に限ってはベースを弾かず、ハーモニカで渋く決めています。当時としてはすごくハードなイメージだったと思います。なんせ1966年発表ですから。

www.youtube.com

 

 

3. The Strypes (2013)

新生のバンド、The Strypes。リリース当時はみんな16歳?とかで、なんでガキンチョたちがこんなクールなブルースができるのか、と話題になりましたね。いやにしてもcreamよりもテンポは速いんじゃないかこれ。もう爆走ですね。この曲はカバーされるごとに速くなる曲なのか...笑

www.youtube.com

 

 

Just Like Heaven (1987)

1. The Cure (オリジナル)

アルバム「kiss me kiss me kiss me」収録のドリームポップチックな楽曲。イントロ途中から入るコーラスのかかったエレキのフレーズが綺麗すぎて思わず聴き入ってしまいます。個人的にThe Cureは好きで、特にこの曲を聴くことが多いです。

www.youtube.com

 

 

2. Dinosaur Jr. (1989)

The Cureの発表から2年後、ノイジーなバンド、ダイナソーJr.がカバーしました。原曲の浮遊感は別のベクトルで引き継がれています。とてもノイジーでアンプとかぶっ壊れるんじゃないかって勢いで弾きまくっていますね。途中でめっちゃ叫ぶのでびっくりしちゃいます。そして、あの綺麗だったエレキのフレーズもふにゃふにゃした音色に生まれ変わっています笑。

最期にぶちっと切れるのは仕様です。ライブでもぶった切ってます。

www.youtube.com

 

 

Happiness Is A Warm Gun (1968)

1. The Beatles (オリジナル)

 いわずと知れた、The Beatlesの楽曲。ホワイトアルバム収録です。曲調がところどころ変わったり、拍子が変わったり、面白い曲です。もともと3つの曲を一つにしたみたいなので納得ですね。でも違和感なく組み上げていける能力が、さすがジョンレノンといったところでしょうか。

www.youtube.com

 

 

2. U2 (1997)

最初聴いたとき、曲調がレニークラヴィッツのFly awayにすごく似てるなと思ったら、こっちの方が先なんですね。R&Bというかミクスチャーな感じがまたおもしろいですね。これはこれで原曲とは別のサイケ感があります。

www.youtube.com

 

 

3. Gilby Clarke (1997)

個人的に好きなカバー。というより、声が好きです。こちらは、比較的原曲に忠実なアレンジですね。ただギルビークラークなのでハードに攻めてます。ガンズアンドローゼズにいた頃は気にしていませんでしたが、脱退してからのソロもいい感じですよね。

www.youtube.com

 

 

Desolation Row (1965)

1. Bob Dylan (オリジナル)

11分越えの大作。ただ、詩の朗読感が強いので英詩がわかりずらい日本人には受けにくいかも。HIGHWAY 61というアルバムのラストの曲なので作曲時に気合が入ったのでしょうか。ぜひ和訳を読みながら聴くといいかもです。

www.youtube.com

 

 

2. My Chemical Romance (2009)

 最初に聴いたときは全然違うからカバーだと気が付きませんでした。マイケミにしては珍しくストレートなパンクアレンジ。レイトロのギターソロはもろにクイーンのブライアンメイを意識していてニンマリしてしまいます。

ちなみにこの曲はウォッチメンという映画の主題歌で、最後のクレジット時に流れたときは盛り上がりました。

www.youtube.com

GLIM SPAMKY最新シングル「Singin' Now」レビュー

最近、何気なく「ひげチャレンジ」をしています。久しぶりに会社に行ったときに何か言われるかと思いきや、隣の先輩もチャレンジしていて(しかもボーボー)一泡吹かされました、、、

 

どうもリョウスケです。

 

今回は、GLIM SPANKYの最新シングル「Singin' Now」の紹介をします。

この楽曲、ついこの間リリースしたばかり(5/13)で、気合を入れてアマゾンで購入しようと思ったのですが、Amazon Primeにありまして。早速聴いておりました。

ちなみにこのシングルは配信のみのリリースとなります。CDで聴きたい方はアルバム収録を待ちましょう。

 

 さてさて中身についてですが、何と言いますか、いい意味で昔の商業ロックなテイストをGLIM SPANKYなりに昇華した元気の出る明るいロックチューンですね!

 

しかも珍しくBrassが大々的にフューチャーされたアレンジ。大胆ですね。アリーナロックといってもいいくらい元気がいいです。サビの裏打ちのハイハットがノリノリです。

 

後半のベースもブイブイいわせてて聴けば聴くほど楽しいです。

 

この楽曲は、 テレビ朝日系「警視庁・ 捜査一課長 2020」主題歌になっているらしく、この番組用で書き下ろされたみたいですね。

 

さて、GLIM SPANKYは1stアルバムから毎年ペースでアルバムをリリースしていしたが、2018年以降はリリースされていません。そろそろニューアルバムが発表されるのではないかとワクワクしながら、Singin' Nowを聴いて待っていましょう。

 

こんな世の中、こんな楽曲が発表されると気分も盛り上がって、元気がでますね!こうでなっくっちゃGLIM SPANKY!いいぞGLIM SPANKY!

Singin' Now

Singin' Now

  • 発売日: 2020/05/13
  • メディア: MP3 ダウンロード